ハピネスライフスタイル

「趣味は寄付」を全力でおすすめする3つの理由

投稿日:

とうとう年の瀬ですね! 今年もあっという間に終わってしまうなあ、と皆様もお思いのことでしょう。
今日から使える、来年も使える、日々をハッピーにするとっておきのスーパーライフハックをお伝えします。

つらい集客から楽しい集客へ。情報発信であなたのお店を愛され店に! 愛され店クリエイター ナゴミワークス代表、アラキナゴミです。
あなたらしいブログ発信で、相思相愛のお客様が自然に集まるサイト(ホームページ)作りをご案内しています。

今日のお話は、ブログ情報発信からは離れますが、全力でおすすめしたい私の趣味「寄付」について語っちゃおうと思います。趣味仲間が増えたら嬉しいな!

「趣味は寄付」を全力でおすすめする3つの理由

1.ノーリスクハイリターン

例えば一万円で自分のものを買ったとします。自分へのご褒美! いいですよね。がんばった自分へのプレゼント。
しかし、それって「自分が嬉しい」だけですよね。一万円分、自分が嬉しいだけ。
でも、一万円を寄付すると、
「一万円を寄付して自分が嬉しい」
「一万円の寄付を受けただれかが嬉しい」
いきなり一万円+一万円で二万円の価値!!

この低金利の時代に、いきなり二倍の価値ですよ!!
しかも、確定申告をすれば、さらに寄付控除が受けられます。
一万円寄付した場合、ざっくり言って三千円くらい税額控除になるので、あらら、一万円が二万三千円の価値に!!
詳しくは→義援金は、確定申告で寄附金控除しよう!

確定申告はぜんぜん難しくありません。医療費がかかった方なら、医療費控除とあわせて寄付控除も一緒に手続きできます。ぜひ申告しましょう。

2.結婚生活と仕事が捗る

我が家では、結婚した時から毎月ユニセフに一定額引き落としで寄付しています。
夫とふたりで、幸せのおすそわけをしたいよね、ということで、少額ですが、家計が厳しいときも余裕があるときも変わりなく続けて、来年で20年。10年目にも表彰の楯をいただいたので、来年も何か送られてくるかな?
うちは友人たちも驚くほどの仲の良さなのですが、これも幸せな結婚生活を続ける秘訣の一つになっているような気がします。
幸せを独り占めしない、という気持ちに共感できる人と一緒にいられるってことですものね。

ユニセフ以外にも、世界中のこどもの幸せにかかわる団体さんと、動物愛護団体さんには、定期的にいろいろ寄付しています。ふるさと納税も、返礼品は関係なく使途で決めています。どこに寄付するか相談しあうのも、楽しいのですよ。

それから、仕事も捗りますよ!
インターネット上ではあんまり芳しくない評判の多いユニセフさんですが、実際に寄付をしてみると、大変読み応えのある月報を送ってきてくれます。
各国、各地域のこどもたちが、ユニセフの支援でこんなに環境が良くなったよ! と笑顔を見せてくれるので、あたたかい気持ちになります。

可愛らしい笑顔写真の中でも、私はこの子が大好きで、切り取って仕事場に飾っています。

たまに仕事に飽きてダラ~っとしかけたときに、この子を見ると、
「おばちゃん、おしごとがんばってねえ、ソリティアしないでがんばってねえ」と言われている気持になって、「よし、おばちゃんいっちょがんばるで!(ソリティアはやらないぞ!!)」と気合が入ります。ちなみに、ソリティアはPCに入れてません!!

私にはこどもがいませんが、どんなに疲れても、こどもの笑顔を見るとがんばれる、という親御さんの気持ちをちょっとだけ楽しませてもらっています。

3.老後が安心

2015年たいへん盛り上がった『マッドマックス 怒りのデスロード』、ご覧になりましたか?
面白かったですねえ! 私も一瞬白塗りにしたくなりました。が、
もし、数十年後、自分が年をとったときに、世界があんなに荒れていたらちょっと、いやたいへん困ります。バイクも乗れないし銃の腕もない老婆には過酷すぎます。できるだけ世界は平和なほうがいいです。未来の世界を平和にする主役は、こどもたちですよね。こどもたちが幸せな環境で生きられること、学べることが、世界の安定には欠かせないと思います。

ちょうどクリスマスの夜に、シリア情勢の報道があり、SAVE THE CHILDRENの活動が紹介されていました。この子たちが幸せにならなかったら、将来、その中から、秩序を破壊しようと考える人が出てきてもおかしくない。遠いからといってなにもしないままなら、私たちも秩序の崩壊に手を貸すことになってしまいますよね。

現地に行って活動することができないなら、せめて少額でも寄付を、と思います。年金は貰えるかどうかわからないし、貯金もインフレになっちゃったらどうにもならないけど、世界が平和になってくれたら、それだけで少しは生きやすいですよね。

超自己中心的な趣味、寄付

寄付っていいことづくめの趣味でしょ? これを読んで共感してくださったら、ぜひ寄付仲間になりましょう! 私はできるだけ寄付をしたときにはSNSで「寄付したよ!」とシェアしています。良い人アピールじゃなくて、それを見て「自分もやろう」と思う人がいたらいいなあ、仲間を増やしたいなあという一心です。仲間が増えたら寄付オフ会でもやりたいですね。あの団体の寄付ページ、UIが良かったよ、とか、会報のデザインを比べあう、とかやりたいです!

-ハピネスライフスタイル
-

Copyright© 町田・相模原でホームページ制作/コンサルティング ナゴミワークス あなたのお店を愛され店に!愛され店クリエイター , 2019 AllRights Reserved.